« 2018年12月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月の3件の投稿

MS Edge(EdgeHTML版)の“event”オブジェクトとは何者?

ちゅんラヂがMS Edge(EdgeHTML版)で動かなくなっていました。原因は機能変更で「event」という変数名を使った為でした。
EdgeHTML版だけの現象です。BlinkエンジンをつかっているAndroid版EdgeとPC向け開発中のEdgeでは問題ありません。
そのうちにEdgeHTML版はBlink版に置き換えられるので放置しようという考えも少し過りました。
しかし、この件は“event”などという、如何にもシステム内部で使われていそうな名称を使った自分に反省!!。ということで名称を“eventUI”に変更しました。因みに“event”はJavaScriptの予約語ではありません。

 

上記の修正をしたのですがEdgeHTML版ではまともに動きませんでした。エラーはでませんが幾つかの不具合があります。
・ブロック要素を透過で重ねた時にCSS指定より上に表示される
 └→複雑にブロックを重ねるた時の解釈で描画が崩れる
・ビジュアライザー表示が出来ない
 └→analyserのgetByteFrequencyDataの値取値がZeroしか帰ってこない
・audioのplay()をPromiseで同期処理させるとエラーが帰る
 └→audioがPromise体操していない?Safariと同様に( ..)φメモメモ
EdgeHTML版Edgeはモダンブラウザとして扱っちゃダメみたいですね。Polyfillを使ってもWeb Audio APIは無理ですし、Edgeは来年の春ごろにBlink版に置き換えられる予定です。そこでEdgeHTML版Edgeへの対応を探るのは止めて放置する事にしました。
Tridentから派生したEdgeHTMLは、2015年にリリースされてから4年を経過しても、Blinkに追いつけて居ないようです。マイクロソフトがEdgeHTMLを捨てる決断をしたのは、もしかしてEdgeHTMLのメンテナンスのギブアップか?

 

■蛇足です■
2020年でFlash Player廃止、Windows Media Serverサポート終了など、Edgeがblinkエンジンに切り替えなどでレガシーな環境の幾つかがウェブの世界から消えます。
その後も残るレガシーはIEです。.NETのActiveXコントロールに依存しているシステムがまだ現役みたいですので、簡単には抹消できないのかもしれません。今となっては、ウェブに対する初期の頃の.NETの功罪はXMLHttpRequestが功で、ActiveXコントロールが罪です。ウェブでのActiveXコントロール利用はEdgeのエンタープライズモード経由(IEモード)のみにマイクロソフトがしてくれれば、IEの廃止ができると思うのです。ぜひともそうして欲しい。ActiveXコントロール以外でIE独自タグを使っていてIEでしかまともに閲覧できいサイトは、もう賞味期限切れという事で良いのじゃないかと思います。

 

日本のブラウザ・ガラパゴスも2020年で脱却してほしいです。IE等のレガシー対応が無くなればウェブ開発者がかなり楽になります。そんな思いもあり、個人の趣味的サイトであるちゅんラヂはIEを拒絶する作りにしてあります。EdgeHTML版Edgeも拒絶しようかな・・・。つでにiOS9以前のSafariも拒絶・・・。

 

あと、サイマルラジオのらじる、Radiko、Listen RadioのIE対応がFlash Player依存です。これらのサイマル ラジオはIEのみの機能では対応できない配信方式ですのでFlash Playerを使っているのです。もしかして2020年には、これらのサイマルラジオがIE対応を止める可能性があるかもしれません。そうなれば個人的にはIE利用者が減少するかもしれませんので歓迎です。
ということで2020年はサイマル ラジオ聴取関係に動きがあるかもしれません。らじるとRadikoはIE対応を止めるのはIE版を放棄するだけ、Listen Radioはモダンブラウザ向けにプレイヤーを新調する必要がありますので、何かをしてくると思われます。

 

■追伸:2019-10■
EdgeHTML版のMS Edgeでのちゅんラヂ動作不具合ですが、Windows 10 Update後に解消された様です。
来年切り替え予定のChromium版はブラウジングだけなら既に安定しています。Edge独自機能はまだ未完成という感じです。ウェブ開発でEdgeHTMLでの動作確認が減るだけでも楽になるので、早く切り替わらないかなと思っています。

| | コメント (0)

J1 GOLDは違法配信では?

表題の件で心配する声をDMで頂いておりました。
一応、ちゅんラヂにプリセットする時に違法配信じゃ無いことを調べました。


1.J1 GOLDはカナダのサイトから配信されています。
http://en.j1fm.tokyo/
http://jp.j1fm.tokyo/
その組織はRec Networksです。
https://recnet.com/
ビジネスモデルは、配信楽曲にダウンロード販売のリンクつけるアフェ等の様です。
当然ですが日本のダウンロード販売サイトへのリンクじゃありません。
日本の楽曲がどの位売れるのかは知りませんが、古い曲が商利用されずに埋もれてしまうよりは良いかな感じています。


2.配信サーバーはTorontocastです。
https://torontocast.com/
ここでの配信にはSOCANのライセンスが付与されているようです。


3.SOCANについて
http://www.socan.com/
SOCANは日本のJASRACの様な組織ですが、もうすこし包括的で権利者思いです。
日本にある著作隣接権がカナダでどうなっているかまでは調べていません。
SOCANからJASRACにロイヤリティが支払われています。
2018年 1,553千ドル
2017年 1,661千ドル
です。なお、この金額は配信だけじゃないです。
http://socanannualreport.ca/documents/English-SOCAN%20Financial%20Report%202018.pdf
これをJASRACがどの様に権利者に配分しているかはわかりません。


これらの情報から違法配信では無いと判断しています。
J1 GOLD以外の海外からのJ-POP配信もカナダからの配信です。
カナダは日本とは楽曲配信に対する考え方が違う様です。


▼J1 GOLD 懐かしい楽曲のチャンネル▼

J1 GOLD公式プレイヤーへ

| | コメント (0)

Sublime Text と Visual Studio Code

Visual Studio Code(VSCode)を使ってみました。これはHTML+CSS+JavaScritの手打ち派にお勧めのエディッタです。

Sublime Textを利用している人ならVSCodeは違和感なく使えます。そうです画面と操作方法がそっくりなのです。パクリと言えるくらい似ています。真似したマイクロソフトの面目躍如です。
Visual Studioという冠がついていますがオープンソースでNode.js+Electron+TypeScriptで作成されいます。
すこぶる軽快に動作します。Visual Studioのソースエディッタの様にまったりしていません。
最近のマイクロソフトは個人プログラマに優しくなっていたんですね。

JavaScript打ち込みで「this.」と入力すると、その位置でthisが示す選択肢が表示されたのでビックリしました。JavaScriptのthisのスコープは勘違いしやすい部分ですので助かります。
あとはSublimeTextにある関連ファイルの要素リンク機能(CSSなど)があれば私の用途としては完璧です。

今後はHTML+CSSの初期作成はSublime Textで、JavaScript記述とHTML+CSSのメンテナンスはVSCodeでという使い分けで行きます。

それと嵌っているJavaScript+Node.js+Electron(JNE:勝手に略号)の組み合わせが十分に実用的な事も事例をもって確認できましたので、今後は自信を持ってJNEでディスクトップアプリを作ろうと思います。何時になるかわかりませんが、ちゅんラヂのデスクトップアプリ化に挑戦して見ようと考えています。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年11月 »