今日のラヂヲ

カナダからの便り

カナダにTorontoCastというストリーミングのホスティングサービスがあります。
IceCastとShoutCast向けのホスティングサービスです。

ここで配信している中にJ-POPを流している局があります。
http://stations.torontocast.com/#J

■asia DREAM radio
http://asiadreamradio.torontocast.stream/stations/index.html
ビジネスモデルとしては、プレイ中の楽曲のダウンロード販売(AmazonとApple)のアフェリエイトです。これでどれほどの利益が得られるのかはわかりませんが、ミュージシャンからすれば聴いてもらって、気に入ってもらえれば購入してもらえるという事になるので良いサービスだと思います。
▼試聴き:J-Pop Sakura 懐かし目な楽曲のチャンネル▼

J-Pop Sakura公式プレイヤーへ

■J1 FM
https://jp.j1fm.tokyo/
ビジネスモデルはスマホ向けアプリでは広告表示みたいです。それとヒットチャートからのCD購入リンクなどです。
チャンネルは4つあります。
・J1 GOLD 60~70年代の歌謡曲中心
・J1 XTRA 80~00年代中心だが70年代の曲が流れることも有る
・J1 HITS 現在のヒット曲
・J1 Aチャン アニメ音楽
このサイトはRec FMというサイトも運営している様です。
J1音楽データベースで楽曲情報を開くと暫くしてその開いた楽曲が流れことがあります。
https://recfm.org/
▼試聴き:J1 GOLD 懐かしい楽曲のチャンネル▼

J1 GOLD公式プレイヤーへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

NATIVE HTML5 LIVE STREAM RADIO PLAYER V4

NATIVE HTML5 LIVE STREAM RADIO PLAYER V4

今回、紹介するHTML5 Radio Playerは今まで出会ったプレイヤーのデザインではピカ一です。
ちゅんラジ・プレイヤーもHTML5 RADIO PLAYERの一種ですが、今後のデザイン変更に参考となるユーザー インターフェイスのプレイヤーに遭遇いたしました。
Visualizerを透かし表示する発想はちゅんラジ・プレイヤーと同じですが、音圧周波数特性を曲線で招き、そのVisualizerが音量調整のスライダーになっています。そのセンスの良さに感服いたしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり、ゆったり その2 (Laurel Canyon Radio)

ロサンゼルスから届けられるAdult Album Alternativeなサウンドです。

Laurel Canyon Radio
日本的に云うと何というジャンルになるんでしょうか。わかりませんので原文は下記のとおりです。
“Laurel Canyon Radio” is a 24/7 free-form Internet radio station focused on celebrating the harmony –rich, singer-songwriter Southern California sound first made famous in the late 1960s and early 1970’s and the current crop of emerging musicians carrying that sound forward today. Focusing on both the past and present output of musicians from that seminal era and mixing in current artists, the majority of music aired will create a distinct and recognizable commingling of classic rock, folk, indie pop, Americana, blues, roots, country and other subgenres of the adult album alternative format. Our music is hand selected by a group of passionate music enthusiasts with an encyclopedic knowledge of popular music. The station will also place a heavy emphasis on independent and emerging musicians who mine different sounds within the genre and will keep tabs on artists performing upcoming dates in Los Angeles. Artists from then and now may also occasionally appear as guests, either performing, being interviewed or creating live on-air DJ segments.

 ※この配信ではVisualizerは動きません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり、ゆったり過ごしたいときに

以前、Aloha Joeを紹介いたしました。ハワイアンはゆったりしていてのんびり過ごす時に良いです。
今日はハワイアン以外にもゆったりとした気分ななれる配信をご紹介いたします。

Crystal Radio
 カナダからの配信です。イージーリスニングを中心にゆったりとした曲が流れてきて、どことなく懐かしいような、爽やかな気分になれます。


Abacus Nature
 イギリスからの配信です。自然界の音とゆったりとした曲が一緒に流れています。何も考えずに昼寝したくなります。Abacusにはこれ以外にもオーシャンや鳥の囀りなどの配信があります。


| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道の地震後のサイマル放送

9月6日未明に発生した北海道の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

地震等の災害時の情報源はラジオですよね。
通信もままならない状況では、やはり電波によるラジオ放送が頼りになります。
サイマル放送の強みは、通信さえ切れなければ遠く離れたところでもリアルな放送が聴けることです。

NHKは通常放送を終日中止して緊急地震情報を流し続けています。情報もインフラの情報やガソリンスタンドの営業状況、スマホの充電ができる場所の情報などを終日放送していました。
民放ラジオ局は通常番組の内容を変更して緊急地震情報と逐次挟み込む形で情報を流していました。
NHK(らじる★らじる)と民放ラジオ局(radiko.jp)はそれなりの設備があり停電でもサイマル放送が続いています。
気になったのはコミュニティFM各局です。発電機を備えて居るのだろうか等とおせっかいな心配をしてしまいました。
そこで北海道のコミュニティFMのサイマル放送を聴いてみました。
NHKとコミュニティFMの違いは、NHKは道内全域の情報を流しています。その中から近隣の情報を拾うには注意深く聴き続けなければなりません。それに対してコミュニティFMは近隣の情報を流していますので、タイムリーに情報が得られます。ただしコミュニティFM局により情報収集力の違いがありました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京都のコミュニティFM局

東京都のコミュニティFMをザッピングすると、私には好みの音楽番組が出会える確率が高いです。
傾向は変にシティ的なおしゃれ傾向を演出する様な気張ったところが有りません。かといって泥臭くも無い。都会に住む中高年層リスナー向けの音楽が多い傾向です。日本版アダルト・コンテンポラリーという雰囲気です。

↓八王子FM(77.5Mhz)↓


↓むさしのFM(78.2Mhz)↓ ※ミュージックバード


↓かつしかFM(78.9Mhz)↓
右記URLをWMPで聴く → http://www.simulradio.info/asx/katsushika.asx


↓レインボータウンFM(79.7Mhz)↓ ※有線ブロードキャスト


↓調布FM(83.8Mhz)↓  ※ミュージックバード


↓Ginza'RADIO CITY(84.0Mhz)↓


↓エフエム西東京(84.2Mhz)↓ ※スターデジオ


↓FMえどがわ(84.3Mhz)↓ ※ミュージックバード


↓エフエムたちかわ(84.4Mhz)↓ ※ミュージックバード


※はフィラー音楽放送の提供元

| コメント (0) | トラックバック (0)

国内サイマル・ラジオ視聴環境の比較


Ⅰ.サイマル・ラジオ配信の公式聴取環境の整備状況
┌──────────┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│                    │    │    │ J │ C │ リ │ F │
│                    │ ラ │ ら │ C │ S │ ス │ M │
│                    │ ジ │ じ │ B │ R │ ラ │ + │
│                    │ コ │ る │ A │ A │ ジ │ + │
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│PCモダンブラウザ    │ ◎ │ ◎ │ ◎ │ - │△*3│△*4│
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│PC IE11             │○*0│○*0│ ◎ │△*2│△*3│ - │
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│スマホブラウザ      │ - │ ◎ │ ◎ │ - │ - │ - │
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│PC専用アプリ        │△*1│ - │ - │ - │ - │ - │
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│スマホ専用アプリ    │ ○ │ ○ │ - │ - │ ○ │△*5│
┝━━━━━━━━━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┥
│サーバ・インフラ    │ *6 │ *7 │ *8 │ *9 │ *A │ *B │
└──────────┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘
◎:標準環境で聴けて環境依存性がなく聴ける
○:問題なく聴けるが環境毎の依存性はある
△:何らかの制限がある
*0:IE向けはFlssh Playerプラグイン依存で2020年問題あり
*1:ガジェット(Adobe AIR)環境で新機能等の更新が止まっている
*2:IE11+WMPプラグイン限定でWM Serverが2020年でサポート切れ
*3:Flash Playerが必要、但し配信はHLSでありFlash依存ではない
*4:IEを除く最新ブラウザ、PC向けに配信していない局もあり
*5:局ごとに別アプリで古いスマホ不可
*6:独自ハンドシェイク等のオーバーヘッドが高いと思われる
*7:akamaiを利用しておりインフラは最強と思われる
*8:ミュージックバードのインフラ
*9:局ごとにサーバーとプロトコルが不統一で実態が見えない
*A:リスラジ前運営と同じインフラならば強度があると思われる
*B:方式的に同時接続数の耐性が低いと思われる


Ⅱ.サイマル・ラジオ配信の勝手ソフトの対応状況(プレイヤーのみ)
┌──────────┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│                    │    │    │ J │ C │ リ │ F │
│                    │ ラ │ ら │ C │ S │ ス │ M │
│                    │ ジ │ じ │ B │ R │ ラ │ + │
│                    │ コ │ る │ A │ A │ ジ │ + │
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│PCブラウザ          │-*0│○*1│○*1│ - │○*1│-*0│
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│スマホブラウザ      │-*0│○*1│○*1│ - │○*1│-*0│
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│PC用アプリ          │○*2│○*2│○*2│○*2│○*2│-*6│
├──────────┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│スマホ用アプリ      │△*3│○*4│○*4│△*5│○*4│-*6│
└──────────┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘
*0:origin制限が行われて居るためにブラウザでは不可能
*1:HTML5アプリで可(例:ちゅんラヂ)
*2:IEコンポ系とFFmpeg系等があり(例:れじるれ郎)
*3:独自ハンドシェイクを実施しているが可能性としては有り
*4:配信元が規制を掛けていない事から可能性として有り
*5:CSRA一部局のみ(例:FM聴 for Community)
*6:技術的には可能だがアプリ登場なし(コスト対効果が?)


Ⅲ.配信方式と公式プレイヤーの受信環境
┌────┬─────────────────────┬────┐
│  組織  │ 配信方式                                 │受信環境│
├────┼─────────────────────┼────┤
│ラジコ  │HLSでHE-AAC                               │独自方式│
│        ├─────────────────────┼────┤
│        │IE向けにRTMPでHE-AACにて配信              │Flash   │
├────┼─────────────────────┼────┤
│らじる  │HLSでHE-AAC                               │標準環境│
│        ├─────────────────────┼────┤
│        │IEとガジェット向けにRTMPEでHE-AACにて配信 │Flash   │
├────┼─────────────────────┼────┤
│JCBA    │HLSでHE-AACv2にて配信                     │標準環境│
│        ├─────────────────────┼────┤
│        │IE向けにICYでMP3にて配信                  │標準環境│
├────┼─────────────────────┼────┤
│CSRA    │当初はWM Serverで配信、インフラは不統一   │WMP     │
│        │CSRAに留まりながら配信はリスラジの局もあり│        │
├────┼─────────────────────┼────┤
│リスラジ│HLSでAACにて配信                          │Flash   │
├────┼─────────────────────┼────┤
│FM++    │Websocketで独自方式、コーデックはOPUS     │独自方式│
└────┴─────────────────────┴────┘
標準環境:オープンな標準的環境で聴取できる
Flash   :Flash Playerに依存している
WMP     :Windows Media Playerに依存している
独自方式:標準的な環境では聴取できず公式依存性が高い

| コメント (0) | トラックバック (0)

Google ChromeでのJCBA再生で高音が出ない

Google Chrome(Windows 7環境)にて、JCBAをちゅんラヂ・プレイヤーで聴くと高音がバッサリ捨てられているかもしれません。
JCBAはモダンブラウザで聞く時はHLS方式の配信でコーデックがHE-AACv2です。
どうやら再生時にHE-AACv2のSBR部分が有効になっていない様です。つまりサンプリングレート22050HzのAAC部分のみの再生になっていると推測されます。そうであれば11Khz程度までの再生になっています。

なおFirefoxではこのような問題は起きていません。Chromeと同じレンダリングエンジンのVivaldiでも問題ありません。このことからChrome固有な問題の様です。
そこで、ちゅんラヂではIE向けに配信されているMP3の方で再生する様にしてあります。MP3の方が遅延も小さく、途切れることも無いことから当面はこれで行きます。

こ現象はGoogle Chromeの「バージョン: 68.0.3440.106(Official Build) (64 ビット)」時点での話です。いつかは改善されるかもしれまん。

ちゅんラヂ・プレイヤーでのFM OZE聴き比べです。FirefoxとChromeで聴き比べてとビジュアライザで見比べて下さい。
Firefox ならHE-AACv2の方が高音まで信号が伸びています。しかしChromeでは高音がバッサリ落ちていてMP3にも負けています。
 ▼HLSでHE-AACv2配信(58kbps可変 44.1Khz 16bit ※SBR無効なら半分)▼


 ▼ICYでMP3配信(98kbps 44.1Khz 16bit)▼

ところで、これに気付いたのはちゅんラヂ・プレイヤーのビジュアライザでの目視です。その後にヘッドホンでFirefoxとChromeでの再生を聴き比べても違うような違わないような。貧弱なスピーカーで聞いている限りは判別できないレベルです。
耳で判らなない自分の鈍感耳にはサンプリングレート22050HzのAACで十分なのかもしれません。これは11Khz程度まで再生されていれば自分の耳には十分というちょっとショックな事になります。
そこで耳年齢チェックしたところ10Khz程度まではハッキリ聴こえるのですが、それ以降は聴こえる音が徐々に小さくなってきて14khz以降は殆ど聴こえませんでした。(^^ゞ

追伸:JCBAリニューアル時の公式サイト不具合訂正後
 JCBAはリニューアル時公式サイトはChrome以外に関して自動受信されない不具合を抱えていました。それが改善されましたが、何故かChrome以外がHLSじゃなくてMP3で再生されるようになりました。どうやらHLSでは自動受信がChrome以外で出来なかったのかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティFMのザッピング

NHKや民放で聴きたい番組が無い時間帯にコミュニティFMをザッピングする事があります。
実はコミュニティFMはその局独自の番組以外のフィラー(穴埋め)番組として、ミュージックバード等から音楽番組を流しています。ザッピングしていると好みの音楽を流しているフィラー番組が見つかります。

以前はリスラジがこれらの番組を利用して、自動的に好みの音楽番組を渡り歩くチャンネルを提供していました。しかし残念ながら日本レコード協会からクレームが出てしまい終了してしまいました。今は手動でザッピングにて渡り歩くしかありません。
例えば午前10:00時台には調布FMのJ-POP REFRAINという番組にチューニングします。
↓調布FM↓



参考:フィラー番組の主な供給元
MUSIC BIRD for community FM JCBAのサイマル配信にも協力している。
DIGITAL J-WAVE SUQAARE 番組表があり好きな番組が探しやすい
スターデジオ 数あるチャンネルから選ぶらしい

| コメント (0) | トラックバック (0)

CSRAをモダンブラウザで聴く(強引な手法です)

 皆さんはCSRAのコミュニテイFMをどうやって聴いていますか。CSRAは「日本全国のコミュニティFM放送をWebで楽しむ!」というキャッチフレーズなんですが、実はブラウザでは聴けない状況になっています。 CSRAからRTSP,MMSH,MMSTなどのWindows Media依存で配信されているコミュニティFMのサイマルはモダンブラウザでは聴けません。かつWindows 10のIE11の初期設定が変わり、設定を弄らないと聴けません。つまり現在はブラウザで聴く事はほぼ絶望的な状況です。
 じゃあWindows Media Playerで気軽に聴けるかと云うと「配信URL」に何を入れればいいのという状況です。気軽に聴けるのはサードパーティのネットラジオ受信ソフトくらいです。CSRAさん、ここを目にしたら早くモダンな配信に切り替えてください。m(_ _)m

 以下、プログラミングに興味のない方は読み捨てて下さい。

 そこで、FFmpegを使ってFMうるまのサイマル配信をモダンブラウザに送り届ける方法を試してみました。
 FFmpegを用意して以下のコマンドを叩くと、HTTPのリスン状態になります。
 ffmpeg -fflags +discardcorrupt -analyzeduration 1M -probesize 1M -i "rtsp://hdv.nkansai.tv/fm-uruma" -vn -ac 2 -ar 44100 -ab 128k -acodec libvorbis -listen 1 -content_type "audio/ogg; codecs=opus" headers "Access-Control-Allow-Origin: *" -f ogg http://127.0.0.1:1234
  ※"Access-Control-Allow-Origin: *" これを指定しないとWeb audio APIで撥ねられます

 次にFirefoxなどのモダンブラウザで「http://127.0.0.1:1234」と入力すると聴けます。ちゅんラヂ・プレイヤーでも、そのURLを入力することで聴けます。

 上記が上手くいったら、Firefoxをお使いの人は以下のコマンドも打ってみて下さい。
 ffmpeg -fflags +discardcorrupt -analyzeduration 1M -probesize 1M -i "mmsh://hdv3.nkansai.tv/katsushika" -vn -ac 2 -ar 44100 -ab 128k -acodec libvorbis -listen 1 -content_type "audio/ogg; codecs=opus" -headers "Access-Control-Allow-Origin: *" -f ogg http://127.0.0.1:8888 | start firefox "http://zdesign.info/tunein2player.html?autoplay&url=http://127.0.0.1:8888"
 かつしかFMのCSRAからの配信がFirefoxで自動受信される筈です。

 技術的には再エンコードしてループバックIPアドレス(localhost)でモダンブラウザに流し込んでいます。ループバックでブラウザへ渡しますので公衆送信権には抵触いたしません。ローカルアプリからループバックを経由してブラウザに渡す手法は、UIがHTMLライクなローカルアプリを作成するお手軽な方法です。
 このFFmpegの配信は簡易なものですので1対1の配信です。本格的な配信サーバーへ渡すことが目的の機能みたいです。私はこれをブラウザへの流し込みに利用した訳です。
 「いちいち、FFmpegでコマンドなんか入れていられるかよ!」というツッコミがあったら仰る通りです。ハイ。このままじゃ実用的ではありません。(笑;
 CSRAのローカルプロキシもどきをnode.jsで自分の為に作ってみたいなと思い、そのプロキシもどきが可能なのかをFFmpegで試しただけです。

 お気付きの方もおられるかと思いますが、この手法はCSRAに限ったわけではありません。ローカルにある音楽ファイルがブラウザ非対応なコーデックであっても、ブラウザでメディアプレイヤーを作ろうと思えば作れていしまいます。
 デザインの自由度が高いHTMLをUIとして利用する形態は増えそうです。node.js+ElectronやNW.jsなどがこの考え方の発展形の例です。ネイティブとWebの良いとこ取り、かつプラットホームに依存しないアプリが作成できるという意味で魅力的です
 話が脱線してきましたので、これでおしまい。

参考文献:
FFmpeg Streaming Guide
FFmpeg Documentation HTTP

| コメント (0) | トラックバック (0)